ABOUT Andare

Andare(アンデア)

ex.国吉亜耶子and西川真吾Duo

2人バンド国吉亜耶子and西川真吾Duoとして、自然や人間の愛、心、命をまっすぐに歌うその佇まい、声、言葉、メロディー、表情、歌に寄り添う繊細なパフォーマンスで多くの人を魅了し大きな感動を与え続けた。
2016年8月25日、国吉亜耶子and西川真吾Duoに、新たな風を吹き込むべく”Andare”に改名し再出発。

Andareとは「and」と英語で、“挑戦”するを意味する「dare」を掛け合せたもの。
「アンダーレ」と読むとイタリア語で“行く”という意味。
And+areで、今までの2人を示すAndと、複数を表すareで、今までのふたりだけの世界観はもちろん、これからは様々な人々、楽器とのコラボレーションにも積極的に取り組んで行く。(行けたらいいな、という希望。)
今までよりも進化したいという願いが込められている。


About:国吉亜耶子and西川真吾Duo

うたと、ピアノと、ドラムで描く世界。
国吉のピアノに西川のドラム、この2つの音が伴奏になり、メロディーになりリズムになり、国吉のうたが優しく、時に激しく、時には軽やかに全てを包む。
そして2人の世界が出来上がる。忘れかけていた懐かしい風景や思い出が心に蘇る。
1+1=無限大。唯一無二の音楽がここにあります。

History:
2007年、本格的に名前を固定し、始動。(ちょっとだけ記憶が曖昧。)
自主レーベル、NANOCKET RECORDより3部作”antenna”・”momently”・”paragraph -節-“を、2009年〜2010年の1年に満たない期間で3枚のCDをリリース。
2012年、Bellwood Recordより既に発表済の4枚(国吉亜耶子のソロアルバム”PATH”を含む)のアルバムからライヴ会場でも評判の高い6曲を新録音、音源化待望の新曲 5 曲をプラスした”国吉亜耶子and西川真吾Duo”をリリース。ツアーファイナルは東京は新代田FIVER、大阪は心斎橋JANUSにてワンマンライヴを開催。
2013年、Bellwood Recordより5枚目のアルバム”RECORD”をリリース。ツアーファイナルは東京・渋谷WWW、大阪・心斎橋JANUSにてワンマンライヴを開催し成功を収めた。

2014年、10月のライブを最後に国吉亜耶子の体調不良により活動休止。
2015年、8月23日、活動再開。復活ライブを行う。
2016年、8月24日 新宿Marbleで開催した初の自主企画イベント“空になにもないのはきっと” にて、サポートメンバーを迎えてのスペシャル編成でのライブで、“国吉亜耶子and西川真吾Duo”の名に幕を降ろす。


サポートメンバー:
Gt.佐藤 学(おいおい教バンド、ロックンロールサービス)
Gt.星 直旗(僕とモンスター)
Ba.下上 貴弘(アルカラ)